Journalism 2019年11月号

朝日新聞社ジャーナリスト学校(著者) / 朝日新聞出版

作品情報

2019年11月号の内容(目次)

[特集]「不自由」な国・日本

<インタビュー>
日本追及にとどまらぬ制作意図
元慰安婦に偏見、韓国の反省も
 キム・ウンソン、キム・ソギョン(「平和の少女像」作者、彫刻家)

安易に白黒をつけてはならない
ヘイトスピーチと表現の自由
 森 達也(映画監督、作家)

「不寛容の時代」にどう向き合うか
言論の多様性がメディアの責務
 外岡秀俊(ジャーナリスト、北海道大学公共政策大学院研究員)

通底するメディアの責任と覚悟
「不自由展」とNHKかんぽ問題
 砂川浩慶(立教大学社会学部教授)

問題の本質は「表現の自由」ではない
差別扇動に国も加担した「ヘイト問題」
 安田浩一(ジャーナリスト)

成熟していないこの国の「公」の意識
「少女像」のとなりで感じた普遍性
 岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)

文化芸術における自由と公共性
萎縮と私物化にNOというために
 志田陽子(武蔵野美術大学造形学部教授)

現代美術の自由と自律を確保する道は
―最近10年の事例から展望する
 武藤祐二(美術研究者)

*********************

【参院選はどう報道されたか~上智大学「選挙とメディア」研究会】
〔総論〕
より精度増すメディアの情勢調査
報道を「消化試合」にしていないか
 音 好宏(上智大学文学部新聞学科教授)

〔テレビ編〕
「ニュース/報道番組」の低調際立つ
選挙以外で首相の露出が突出
 水島宏明(上智大学文学部新聞学科教授)

〔新聞編〕
新聞の議題設定能力は十分か
9条の掘り下げは衆院選への課題
 小此木 潔(上智大学文学部新聞学科教授)

【有権者はどう行動したか】
投票の「有効感」が争点に大きく関連
低投票率の原因とメディアの役割は
 渡邊久哲(上智大学文学部新聞学科教授)

[連載]記者講座 ブランドを支える校閲の生態-㊦紙とデジタルの関係性
デジタルファーストの意識定着
世に情報がある限り校閲は存在
 前田安正(朝日新聞メディアプロダクション校閲事業部長)

■海外メディア報告
20年大統領選、地球温暖化が争点
民主党候補者の間でも意見割れる
 冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)

■メディア・リポート
新聞
昭和天皇「拝謁記」をどう読む
「一部の犠牲」強いられる沖縄
 松元 剛(琉球新報社執行役員・編集局長)

放送
民の側にたって報じることをやめた
テレビのゆくえ
 金平茂紀(TBS「報道特集」キャスター)

出版
書店や出版社が主催する読書会
「読者共同体」の復権めざしたい
 福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)

ネット
「○○容疑者の顔画像特定!」
デマの温床となる「トレンドブログ」
 伊藤儀雄(「ヤフーニュース 特集」編集長)

【写真】 今月の1点

もっとみる

商品情報

シリーズ
Journalism 2019年11月号
著者
朝日新聞社ジャーナリスト学校
ジャンル
社会・政治・法律 - 社会
出版社
朝日新聞出版
書籍発売日
2019.11.08
Reader Store発売日
2019.11.08
ファイルサイズ
21.7MB
ページ数
112ページ

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

Journalism 2019年11月号

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 朝日新聞社ジャーナリスト学校

    • Journalism 2019年11月号

    もっとみる

    この作品のレビュー

    平均 0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!
    • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

    ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

    Reader Store BOOK GIFT とは

    ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
    贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
    ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

    ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
    ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
    ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
    ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
    ※ポイント、クーポンの利用はできません。

    クーポンコード登録

    登録

    Reader Storeをご利用のお客様へ

    ご利用ありがとうございます!

    エラー(エラーコード: )

    本棚に以下の作品が追加されました

    本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

    画面左上にある「三」ボタンをクリック

    サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。