月刊アイソス (2019年10月号)

システム規格社(出版) / システム規格社

作品情報

アイソスはISOマネジメントシステム規格をはじめとするシステム標準の最新情報を提供する専門月刊誌です。
■入門者から上級者まで幅広い層に対応しています。
■品質管理・環境管理担当者、認証関係者、コンサルタントに向けた情報満載です。
■本誌では現在、水流聡子、奥野麻衣子、楠本寛斎、飯塚悦功、菱沼雅博、山上裕司、辻井五郎、米戸靖彦といった精鋭執筆陣が連載しています。

■10月号の特集は「AIAG & VDA FMEA ハンドブックの詳細解説」です。
■今回の特集は、6月3日に発行された米独自動車工業会(AIAG & VDA)によるFMEAの新マニュアル“FMEA Handbook”の解説を、自動車分野に特化したQMSコンサルティングファーム・トライザック代表取締役の塩田保氏にご執筆をお願いしました。
■NEWS & REPORTSでは、情報セキュリティ大学院大学・後藤厚学長の講演「品質としてのサイバーセキュリティ ~IoTサプライチェーンの課題~」を紹介しています。
■Viewpoint this monthでは、経済産業省産業技術環境局の黒田浩司・国際標準課長から国内外の国際規格化の動きについて話を伺いました。


アイソス 2019年10月号(263号 2019年9月10日発売)

特集

AIAG & VDA FMEA ハンドブックの詳細解説

米独自動車工業会(AIAG & VDA)が合同でFMEAの新マニュアル“FMEA Handbook”を6月3日に発行したのを受けて、アイソスでは特集記事として、自動車分野に特化したQMSコンサルティングファーム・トライザック代表取締役の塩田保氏に、同ハンドブックの内容を紹介しながら、発行の背景、FMEAの目的や基本ルール、新マニュアルの特徴である7-ステップアプローチ、設計/工程FMEAの実行プロセス、移行戦略、CSR動向、IATF審査などについて解説をお願いした。(本誌編集部)

インタビュー ハンドブック開発の意図とサプライヤーに必要な観点
取材先 : トライザック株式会社 代表取締役 塩田 保 氏

ハンドブック解説
執筆者:トライザック株式会社 代表取締役 塩田 保
Part 1 ハンドブック発行の背景と主たる変化点
Part 2 ハンドブックの「序文」
Part 3 設計FMEAの実行プロセス
Part 4 工程FMEAの実行プロセス
Part 5 ハンドブックへの移行と審査

NEWS & REPORTS

日本品質管理学会 サービスエクセレンス部会/生産革新部会主催
第5回知識共有会 後藤厚宏氏による講演とディスカッション
品質としてのサイバーセキュリティ ~IoTサプライチェーンの課題~
講演者/情報セキュリティ大学院大学 学長 後藤 厚宏 氏


連載

■Viewpoint

リレー連載 第91回
日本は国際幹事引受数で世界3位、ISO/IEC副会長ポストも確保
標準化対象はサービス・社会システム・環境へ拡大
取材先/経済産業省 産業技術環境局 国際標準課長 黒田 浩司 氏

■Standardization Trends

サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み
連載 第1回 なぜサービスエクセレンスの国際標準が開発されることになったのか
執筆/東京大学大学院工学系研究科 品質・医療社会システム工学寄付講座 特任教授 水流 聡子

環境ファイナンス分野における国際規格動向
連載 第1回 環境ファイナンスの潮流とISO動向の概要
執筆/三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 環境・エネルギー部 主任研究員
サステナブルビジネス戦略センター長 奥野 麻衣子

PAS(公開仕様書)策定の可能性 ~規格作りを通じた共創によるビジネスの進化~
連載 第1回 イノベーションを加速する国際規格PASとは何か
執筆/BSIグループジャパン株式会社 営業本部営業戦略担当部長 楠本 寛斎

■品質・・・※各種権利等により、デジタル版には写真が非表示または記事そのものが収録されていない場合がございますのでご了承願います。

もっとみる

商品情報

シリーズ
月刊アイソス
著者
システム規格社
ジャンル
雑誌 - 職業・業界誌・その他
出版社
システム規格社
書籍発売日
2019.09.10
Reader Store発売日
2019.09.10
ファイルサイズ
116.8MB
シリーズ情報
既刊48巻

以下の製品には非対応です

  • Reader

※この商品はタブレットなど大きなディスプレイを備えた機器で読むことに適しています。
文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

新刊自動購入はいかがですか?

新刊自動購入をご利用いただくと、次の号から毎号自動的にお届けいたします。お得なポイントプレゼントも!

新刊自動購入について

月刊アイソス (2019年10月号)

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • システム規格社

    • 月刊アイソス

    もっとみる

    この作品のレビュー

    平均 0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!
    • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

    ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

    Reader Store BOOK GIFT とは

    ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
    贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
    ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

    ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
    ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
    ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
    ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
    ※ポイント、クーポンの利用はできません。

    クーポンコード登録

    登録

    Reader Storeをご利用のお客様へ

    ご利用ありがとうございます!

    エラー(エラーコード: )

    本棚に以下の作品が追加されました

    本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

    画面左上にある「三」ボタンをクリック

    サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。