月刊アイソス (2019年9月号)

システム規格社(出版) / システム規格社

作品情報

アイソスはISOマネジメントシステム規格をはじめとするシステム標準の最新情報を提供する専門月刊誌です。
■入門者から上級者まで幅広い層に対応しています。
■品質管理・環境管理担当者、認証関係者、コンサルタントに向けた情報満載です。
■本誌では現在、市川芳明、加藤芳幸、戸谷圭子、飯塚悦功、菱沼雅博、堀江隆、平林良人、植木憲二、米戸靖彦、猪刈正利といった精鋭執筆陣が連載しています。

■9月号の特集は「イノベーション・マネジメントシステムの国際規格発行 !」です。
■イノベーション・マネジメントシステムの国際規格であるISO 56000シリーズのメインとなるガイダンス規格「ISO 56002」の発行に際し特集を企画しました。
■NEWS & REPORTSでは、コンセンサス・ベイスの志茂博社長の講演「ブロックチェーン技術がもたらす未来と産業への活用事例」を紹介しています。
■Viewpoint this monthでは、ISO/TC 323国内対応委員会エキスパートの冨田秀実氏からサーキュラーエコノミーの国際規格化の動きについて話を伺いました。


アイソス 2019年9月号(262号 2019年8月10日発売)

特集

イノベーション・マネジメントシステムの国際規格発行 !

アイソスでは、イノベーション・マネジメントシステムの国際規格であるISO 56000シリーズのメインとなるガイダンス規格「ISO 56002」の発行に際し特集を企画、同シリーズを審議するISO/TC 279国内審議委員会の西口尚宏委員長からは規格開発経緯や日本の産業界に与えるインパクトなどについて、また同規格に準拠した「行動指針」の策定を主導した経済産業省の梶川文博政策企画官(肩書きは取材当時)からはイノベーション経営に関する米欧日の動向や同指針の記載内容などについて、それぞれ話を伺うとともに、西口委員長にはISO 56000シリーズ規格の詳細解説を執筆いただいた。〈なお、本特集に記載されているISO 56000シリーズ規格の訳語は関係者で検討中の「仮訳」である〉(本誌編集部)

Part 1 規格の意図
ISO 56000シリーズでイノベーション活動のOSを導入する
取材先:ISO/TC 279 国内審議委員会委員長 西口 尚宏 氏

Part 2 日本のイノベーション創出策
大企業のイノベーション促進の観点からISOに準拠した「行動指針」を策定
取材先:経済産業省 経済産業政策局 政策企画官 梶川 文博 氏

Part 3 規格の解説
執筆:ISO/TC 279 国内審議委員会委員長 西口 尚宏

【ISO 56000シリーズを俯瞰する】
既存企業からイノベーションを起こすための知恵の集積

【ISO 56000】
8項目でイノベーション・マネジメントの原理原則を記述

【ISO 56002】
イノベーション・マネジメントシステムの世界初の国際規格

【ISO 56003】
外部との共創活動におけるパートナーシップの手順や考え方を規定

【ISO/TR 56004】
イノベーション・マネジメントアセスメントの手順や考え方を規定


NEWS & REPORTS

日本品質管理学会 サービスエクセレンス部会/生産革新部会主催
第4回知識共有会 志茂 博 氏による講演とディスカッション
ブロックチェーン技術がもたらす未来と産業への活用事例
講演者/コンセンサス・ベイス株式会社 代表取締役 志茂 博 氏


連載

■Viewpoint

リレー連載 第90回
新設のISO/TC 323(サーキュラーエコノミー)で議論スタート
持続可能な開発に貢献する循環型経済を標準化
取材先/ISO/TC 323(サーキュラーエコノミー) 国内対応委員会 エキスパート
ロイドレジスタージャパン株式会社 取締役 冨田 秀実 氏

■Standardization Trends

ビジネスの基本ルールは自ら作れ・・・※各種権利等により、デジタル版には写真が非表示または記事そのものが収録されていない場合がございますのでご了承願います。

もっとみる

商品情報

シリーズ
月刊アイソス
著者
システム規格社
ジャンル
雑誌 - 職業・業界誌・その他
出版社
システム規格社
書籍発売日
2019.08.10
Reader Store発売日
2019.08.10
ファイルサイズ
92.2MB
シリーズ情報
既刊48巻

以下の製品には非対応です

  • Reader

※この商品はタブレットなど大きなディスプレイを備えた機器で読むことに適しています。
文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

新刊自動購入はいかがですか?

新刊自動購入をご利用いただくと、次の号から毎号自動的にお届けいたします。お得なポイントプレゼントも!

新刊自動購入について

月刊アイソス (2019年9月号)

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • システム規格社

    • 月刊アイソス

    もっとみる

    この作品のレビュー

    平均 0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!
    • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

    ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

    Reader Store BOOK GIFT とは

    ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
    贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
    ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

    ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
    ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
    ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
    ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
    ※ポイント、クーポンの利用はできません。

    クーポンコード登録

    登録

    Reader Storeをご利用のお客様へ

    ご利用ありがとうございます!

    エラー(エラーコード: )

    本棚に以下の作品が追加されました

    本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

    画面左上にある「三」ボタンをクリック

    サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。