平成プロレス 30の事件簿 ~知られざる、30年の歴史を刻んだ言葉と、その真相~

瑞佐富郎(著) / スタンダーズ

作品情報

プロレスにとって~平成~とは何だったのか?

新日本プロレス初の東京ドーム大会(1989)に始まり、UWF3派分裂(1991)、
新日本vsUWFインター全面戦争(1995)、髙田延彦vsヒクソン・グレイシー(1997)、
アントニオ猪木引退(1998)、小川直也vs橋本真也“1.4事変"(1999)、ジャイアント馬場死去(1999)、
NOAH旗揚げ(2002)、WJプロレス旗揚げ(2003)、「ハッスル」ブーム(2004)、
三沢光晴死去(2009)、「ALL TOGETHER」開催(2011)、天龍源一郎引退(2015)、
高山善廣頸髄損傷(2017)、中邑真輔WWEタイトル挑戦(2018)・・・・・・。
30年間に渡る激動の平成プロレス史を、名ゼリフ、名シーンを手掛かりに、
『泣けるプロレス』シリーズの著者がその真実の姿を描き出す、渾身のノンフィクション。

【目次】
1989(平成元)年 [新日本プロレス、初の東京ドーム大会開催]
1989(平成元)年 [アントニオ猪木、参議院選挙当選]
1990(平成2)年 [新日本プロレス東京ドーム大会に全日本プロレス参戦]
1990(平成2)年 [三沢光晴、タイガーマスクを脱ぐ]
1990(平成2)年 [天龍源一郎、SWS参加]
1990(平成2)年 [大仁田厚、有刺鉄線電流爆破マッチ開始]
1991(平成3)年 [UWF、3派分裂]
1991(平成3)年 [新日本プロレス、「G1 CLIMAX」開催]
1994(平成6)年 [ジュニアヘビー・オールスター「SUPER J -CUP」スタート]
1995(平成7)年 [新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争勃発]
1997(平成9)年 [nWo JAPAN活動開始]
1997(平成9)年 [『PRIDE1』髙田延彦vsヒクソン・グレイシー戦]
1998(平成10)年 [アントニオ猪木引退]
1999(平成11)年 [小川直也vs橋本真也“1・4事変"]
1999(平成11)年 [ジャイアント馬場死去]
1999(平成11)年 [前田日明引退]
2000(平成12)年 [ジャンボ鶴田死去]
2000(平成12)年 [三沢光晴、「NOAH」旗揚げ]
2002(平成14)年 [武藤敬司、全日本へ移籍]
2003(平成15)年 [長州力、「WJ」旗揚げ]
2004(平成16)年 [エンターテインメント・プロレス「ハッスル」誕生]
2005(平成17)年 [橋本真也死去]
2005(平成17)年 [新日本プロレス、ユークスの子会社に]
2009(平成21)年 [三沢光晴死去]
2011(平成23)年 [オールスター戦「ALL TOGETHER」開催]
2012(平成24)年 [新日本プロレス、ブシロードの子会社に]
2013(平成25)年 [小橋建太引退]
2015(平成27)年 [天龍源一郎引退]
2017(平成29)年 [高山善廣、頸髄完全損傷]
2018(平成30)年 [中邑真輔、レッスルマニアでWWE王座に挑戦]

瑞 佐富郎(みずき・さぶろう)
愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
シナリオライターとして故・田村孟氏に師事。
フジテレビ『カルトQ・プロレス大会』優勝を遠因に、プロレス取材等に従事する。
本名でのテレビ番組企画やプロ野球ものの執筆の傍ら、会場の隅でプロレス取材も敢行している。
著書に『新編 泣けるプロレス』(standards)、
執筆・構成に関わったものに『告白 平成プロレス10大事件 最後の真実』
『証言UWF 最後の真実』(ともに、宝島社)などがある。

もっとみる

商品情報

シリーズ
平成プロレス 30の事件簿 ~知られざる、30年の歴史を刻んだ言葉と、その真相~
著者
瑞佐富郎
ジャンル
スポーツ・アウトドア - 格闘技
出版社
スタンダーズ
書籍発売日
2018.09.01
Reader Store発売日
2019.04.12
ファイルサイズ
26.2MB

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

平成プロレス 30の事件簿 ~知られざる、30年の歴史を刻んだ言葉と、その真相~

新刊通知

  • 瑞佐富郎

  • 平成プロレス 30の事件簿 ~知られざる、30年

もっとみる

この作品のレビュー

平均 4.0 (1件のレビュー)

レビューを書く

0
1
0
0
0

すべてのレビューを見る

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

  • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
  • ・買い逃すことがありません!
  • ・いつでも解約ができるから安心!

※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

お支払方法:クレジットカードのみ
解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

コミック続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

  • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
  • ・買い逃すことがありません!
  • ・いつでも解約ができるから安心!
  • ・優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!
  • ・今なら優待ポイントが3倍になる特別キャンペーン実施中!

※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

お支払方法:クレジットカードのみ
解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

Reader Store BOOK GIFT とは

ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
※ポイント、クーポンの利用はできません。

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。