指導者のエゴが才能をダメにする ノムラの指導論

野村克也(著) / KANZEN

作品情報

間違いだらけの野球観を捨て、『本物の野球』を学べ
その教え方が、選手を潰す!

「投球制限」に過敏になるな
“褒める”教え、一辺倒への違和感
抽象的なアドバイスは百害あって一利なし


【目次】
序章 間違いだらけの“褒める指導法”
今、「褒める指導者」が増えている! への違和感
「叱る」にもさまざまな方法がある

第1章 指導者が果たすべき役割とは
「愛のムチ」は殴ることではない。対話である。
どんな状況下においても、指導者は全力で選手を教えなくてはならない
指導者だからこそ、常に己を磨き続ける責任がある
「甲子園の優勝投手」の多くがプロで大成せず――選手は過去の栄光を捨てよ
不振の選手に「指導者がかけてあげるべき言葉」

第2章 アマチュア指導者に伝えるべき技術
「基礎」「基本」「応用」の段階で技術を身につけていくこと
どんなに有望な選手でも「基礎」から入ることでハイレベルな選手になる
捕手に必要な「5つの能力」とは
探求心を養うことで、野球はさらにうまくなる
打撃向上で必要な「バット選び」と「素振り」

第3章 選手をダメにする指導者
抽象的なアドバイスは、百害あって一利なし
最も大切な「言葉をアレンジする力」
結果論で叱るのは絶対にご法度
人は「育てるもの」ではなく、「育っていくもの」だ
指導者は特訓の意味をはき違えてはならない

第4章 その失敗は何度まで許すべきか
「待つ」姿勢も大切 指導者は選手に対するアドバイスを
指導者が指摘して変わらない選手、変わる選手の末路
失敗を「失敗である」と正しく指摘できることも指導者の務め
「全責任はオレがとる」と指導者が腹を括れば、選手は伸び伸びプレーできる第5章 凡人が天才に勝つために必要なこと
努力する方向性は絶対に間違えるな
テーマのない練習は全く意味がない
勝ち試合のなかでもしっかり反省するポイントを見つけよ
技術的な限界がきたら、さらに超える努力をせよ
得意なものだけでなく、苦手なものにも取り組ませるようにするのも指導者の務め

第6章 「勝ちに不思議な勝ちあり」は必ず存在する
どんな「勝利」も分析することで未来が変わる
模範がいることで「勝って当然のチーム」が誕生する
監督として「長嶋巨人」が怖くなかったワケ
あまりにも正統派すぎた王の野球
エースと本音の会話をどれだけできるかも重要
監督は試合中に喜怒哀楽を出すものではない
ミスをどう反省し、生かすかはリーダー次第

第7章 組織で生かすために必要な個の力
その道を極めた者は独特の感性を持っている
脇役を生かしてこそ「勝てるチーム」が作れる
天才型の選手は「感性をくすぐってあげる」ことが大切
「ユーモア」も劣勢のときには必要だ
代打の成功率を上げるための思考法
タイブレーク制度についてモノ申す
「投手の球数制限」に過敏になりすぎるな

終章 「感謝の心」を持つことで、野球の技術は上達する
私が「感謝の気持ち」を持つのが大切だと説くワケ
「家族を大切に思う気持ち」はチーム愛にもつながっていく

もっとみる

商品情報

シリーズ
指導者のエゴが才能をダメにする ノムラの指導論
著者
野村克也
ジャンル
スポーツ・アウトドア - スポーツ
出版社
KANZEN
書籍発売日
2019.04.01
Reader Store発売日
2019.04.12
ファイルサイズ
3.4MB

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

指導者のエゴが才能をダメにする ノムラの指導論

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 野村克也

    • 指導者のエゴが才能をダメにする ノムラの指導論

    もっとみる

    この作品のレビュー

    平均 0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    コミック続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!
    • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

    ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

    Reader Store BOOK GIFT とは

    ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
    贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
    ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

    ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
    ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
    ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
    ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
    ※ポイント、クーポンの利用はできません。

    クーポンコード登録

    登録

    Reader Storeをご利用のお客様へ

    ご利用ありがとうございます!

    エラー(エラーコード: )

    本棚に以下の作品が追加されました

    本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

    画面左上にある「三」ボタンをクリック

    サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。