問題解決のための民事信託活用法-不動産有効活用、相続対策、後継者育成・事業承継対策、空き家対策等の視点から-

石垣雄一郎(著) / 新日本法規出版

作品情報

民事信託を提案するためのノウハウを公開!◆超高齢社会を迎え、財産管理・承継の新たな方法としてますます注目される民事信託について、具体的な活用ケースと税制を解説しています。◆第1章では、著者の豊富な経験を基に問題となりやすいケースを設定し、信託活用による対応策について、信託契約書の作成過程等を示しつつ具体的に解説しています。◆第2章では、民事信託に関する税制上の留意点をQ&A形式で解説しています。【目次】第1章 問題解決のための民事信託の活用 ケース(1) 問題解決に役立つ民事信託~不動産市場に合った高齢者所有の不動産活用・処分に適切な判断をするためのケース~ ケース(2) 遺産分割・債務相続対策を促進するための民事信託活用策~遺言による受益者変更権の行使を活用するケース~ ケース(3) 後継者育成型信託-顧客の賃貸不動産に関する長期的、安定的な事業運営および事業承継対策~民事信託をまず自らが実践した不動産会社・経営者のケース~ ケース(4) 受益者を変更する権利の行使を制限する信託活用法~遺産分割の全体像は決まっていなくても、一部が決まっているときにそれを信託で確定させるケース~ ケース(5) 株式信託活用策~後継者の事業遂行を円滑にするための株式信託活用のケース~ ケース(6) 親を見守ることにより、潜在的空き家対策となる民事信託~高齢の親と子が遠く離れて暮らすケース・後継ぎ遺贈型信託の視点で~第2章 個人の信託税制Q&A 第1節 信託税制(1)(所得税法関係編)  I 所得税法を中心とした信託税制の特徴  II 信託契約書作成時から不動産の信託登記までの税務   Q&A1 印紙税法の取扱い   Q&A2 登録免許税法の取扱い   Q&A3 相続税法59条2項に基づく調書の提出  III 信託期間中の税務(贈与税・相続税を除く。)   Q&A11 所得税法を中心とした信託税制   Q&A12 受益者等課税信託に係る受益者の範囲   Q&A13 所得税法13条1項ただし書を中心にした信託(受益者等課税信託以外の信託)   Q&A14 所得税法13条2項を中心とした信託税制   Q&A15 受益者とみなされる委託者   Q&A16 政令への委任   Q&A17 受益者としての権利がその信託財産に係る受益者としての権利の一部にとどまる場合   Q&A18 権利の内容に応ずることの例示  IV 信託が終了した後の税務   Q&A32 受託者から委託者兼受益者へ信託財産に属する不動産の移転-登録免許税(1)第2節 信託税制(2)(相続税法関係編)  I 信託税制(手続法)   Q&A35 信託が終了した場合の調書提出の義務   Q&A36 相続開始時の不動産の信託登記抹消に関する登録免許税  II 信託税制(実体法)   Q&A41 信託に関する特例(対象とする規定)   Q&A42 相続税法における「信託に関する特例」の配置・用語の特徴   Q&A43 相続税法における「信託」の定義   Q&A44 受益者等の意義  III 財産評価基本通達202(信託受益権の評価)(3)の計算方法   Q&A56 信託が終了した場合に清算受託者が国税の納付義務を果たさずに残余財産を給付した場合の受託者の責任

もっとみる

商品情報

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

問題解決のための民事信託活用法-不動産有効活用、相続対策、後継者育成・事業承継対策、空き家対策等の視点から-

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 石垣雄一郎

    • 問題解決のための民事信託活用法-不動産有効活用、

    もっとみる

    この作品のレビュー

    平均 0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    コミック続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!
    • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

    ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

    Reader Store BOOK GIFT とは

    ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
    贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
    ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

    ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
    ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
    ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
    ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
    ※ポイント、クーポンの利用はできません。

    クーポンコード登録

    登録

    Reader Storeをご利用のお客様へ

    ご利用ありがとうございます!

    エラー(エラーコード: )

    本棚に以下の作品が追加されました

    本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

    画面左上にある「三」ボタンをクリック

    サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。