最新トレンドから導く手帳テクニック100

舘神龍彦(著) / エイ出版社

作品情報

「最新トレンドから導く 手帳テクニック100」は、
次々と登場する最新の手帳の中から、あなたにとってベストな一冊を選び、
使いこなすためのテクニックをまとめた一冊です。
「バレットジャーナル」「ハビットトラッカー」など、
近年の話題になっているキーワードを解説し、トレンドもよくわかるので、
あなたの手帳の選び方と使い方に選択肢を増やします。
手帳本体に限らず、ペンやふせん、カバーといった周辺のツール選びや
その使い分けのテクニックも掲載しています。
自分にとって無駄のない「手帳マイルール」を作るポイントもわかります。


表紙
手帳を取り巻く混沌とした状況を解説しました
目次
Introduction 手帳を組み立てよう
手帳は時間を無駄にしないための道具だ
手帳まわりの道具は極力増やさない!
自分ならではの手帳術を開発する方法
キーワードから手帳の背景を知る
自分の手帳の構成を〝目次化〟してみる
Chapter1 キーワード 本体編
手帳術の8つの基本
手帳のページごとに自分の目的を割り当てる
簡単な自分ルールで予定欄が劇的に便利になる
手帳をPDCAのツールとして活用してみる
今話題の「バレットジャーナル」の特徴とメリット
バレットジャーナルをより便利にするツールたち
手帳は元祖「ライフハック」のための道具なのだ
仕事リストはデジタル入力→印刷が意外に便利
ライフログから日々の変化を観察する
「100の夢リスト」で自分の願望を整理する
罫線を使い倒して活用法を編み出す
メモページとノートを使い分ける
手帳に凝らずに手帳の使い方に凝る
情報カードの手帳に応用したい考え方
システム手帳30年目の復権
コンテンツページこそ現代的な手帳の証
手帳と「引き寄せの法則」の関係
有名人手帳から成功者の使い方を学ぶ
毎年登場する占い風手帳はそれが気になる人のもの
新作手帳はライフスタイルの変化に対応する
自由度の広がる新作手帳は継続性で選ぶ
手帳は「報酬系」を刺激するツール
「計画立案」の知識をつけて手帳を使う
話題になった「自作リフィル」は滅びたのか?
制作工程管理用の「ガントチャート」が人気
Column 1 150年前の手帳と今の手帳はほとんど別物
Column 2 手帳は自己啓発と文具の河に挟まれた三角州
Chapter2 キーワード 手帳術編
個人の手帳術とは自分なりの組み合わせ
記入面を分割して役割を決める
メモの習慣で情報の記録と蓄積をする
目的別インデックスでアクセスしやすくする
ノートやクラウドの関連情報と手帳を紐付ける
Column 3 手帳の自作は時間もお金も情熱も必要
Column 4 手帳オフで生まれた「手帳集合写真」の誕生秘話
ふせんで休みの予定を守る
月間ページの余白を記録やメモに使う
予定やタスクを整理して分かりやすく見せる
ガントチャートに進行を記入する
ガントチャートを使って習慣をつくる
ガントチャートを使ってグラフで記録する
ガントチャートを色分けして時間の割合を見る
レフト式手帳は矢印と横書きで予定を書く
レフト式のタスク処理にはふせんを併用する
レフト式のメモページを分割して使う
バーチカル式のメモスペースを拡張する
予定記入欄を縦横無尽に使う
計画立案のために実績を記録する
決まっていない予定はふせんで管理する
1日1ページ式に予定とメモを書く
月間ページをインデックスにする
手帳術における各文房具の役割
ふせんを使ってページや機能を拡張する
ペンを情報の記録・意味づけ・分類に使う
シールをログやデコレーションに使う
スタンプを使って情報を追加する
インデックスで目的のページを開きやすくする
Special Column 「手帳ユーザーグループ」の手帳術
ジブン手帳同好会
てちょけん
どさんこ手帳部
758手帳部
日本手帖の会
福島文帳会
Chapter3 スマホと手帳どっちが便利?論
アナログとデジタル両方のメリットを

もっとみる

商品情報

シリーズ
最新トレンドから導く手帳テクニック100
著者
舘神龍彦
ジャンル
雑誌 - ビジネス・マネー
出版社
エイ出版社
書籍発売日
2018.10.19
Reader Store発売日
2018.10.26
ファイルサイズ
139.3MB
ページ数
182ページ

以下の製品には非対応です

  • Reader

※この商品はタブレットなど大きなディスプレイを備えた機器で読むことに適しています。
文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

最新トレンドから導く手帳テクニック100

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 舘神龍彦

    • 最新トレンドから導く手帳テクニック100

    もっとみる

    この作品のタグ

    この作品のレビュー

    平均 3.5 (3件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    1
    1
    0
    0

    すべてのレビューを見る

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!
    • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

    ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

    Reader Store BOOK GIFT とは

    ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
    贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
    ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

    ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
    ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
    ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
    ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
    ※ポイント、クーポンの利用はできません。

    クーポンコード登録

    登録

    Reader Storeをご利用のお客様へ

    ご利用ありがとうございます!

    エラー(エラーコード: )

    本棚に以下の作品が追加されました

    本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

    画面左上にある「三」ボタンをクリック

    サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。