早く的確な救援のために:初動体制ガイドラインの提案

中村民雄(編著) / 早稲田大学出版部

作品情報

東日本大震災では、地震と津波による自治体機能の喪失およびインフラ破壊等の事情により、自治体などの公的機関による初動救援は十分に行われなかった。官民連携による効果的な初動救援の具体的モデルを提言する。

序 章 課題――ボランティアと自治体の効果的な初動連携(中村民雄)
 1 より速く的確に救援できないものか
 2 なぜ初動で混乱したのか
 3 ボランティアの力
 4 ボランティアの課題
 5 何を工夫すべきか

第1章 事例研究その1――石巻と神戸(藤岡暢・中村民雄)
 1 個人のネットワーク――石巻市ボランティア支援ベース“絆”
 2 〈協議会型〉中間支援組織の実例
 3 自治体・ボランティア・社協の3者連携
 4 〈協議会型〉中間支援組織の共通原理
 5 〈協議会型〉中間支援組織の課題・限界
 6 まとめ

第2章 事例研究その2――遠野(天野晟・中村民雄)
 1 遠野まごころネットの設立
 2 遠野まごころネットの活動と運営
 3 遠野まごころネットの組織と活動方式
 4 被災地からやや離れて拠点をもつ中間支援組織の限界・問題点
 5 まとめ

第3章 事例研究その3――社会福祉協議会(木本純也・中村民雄)
 1 社協の組織と災害時に期待される活動
 2 東日本大震災における仙台市社協の活動
 3 災害救援について社協の果たすべき役割
 4 まとめ

終 章 解決に向けて――初動体制ガイドライン(中村民雄)
 1 〈協議会型〉中間支援組織の工夫
 2 〈協議会型〉中間支援組織の限界・問題点の克服
 3 「初動体制ガイドライン」――解決に向けた見通し

もっとみる

商品情報

シリーズ
早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える
著者
中村民雄
ジャンル
社会・政治・法律 - 社会
出版社
早稲田大学出版部
書籍発売日
2012.04.25
Reader Store発売日
2013.12.27
ファイルサイズ
7.1MB
ページ数
100ページ
シリーズ情報
全28巻

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

対象中のキャンペーン

  • 【秋の夜長のお得なまとめ買い】2,000円(税込)以上で500ポイントバック!

    2017.11.30 23:59まで

    キャンペーン概要

早く的確な救援のために:初動体制ガイドラインの提案

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 中村民雄

    • 早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える

    もっとみる

    この作品のレビュー

    0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「申込み」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    クーポンコード登録

    登録

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。