《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2

河野勝(著), 小西秀樹(著), 荒木一法(著), 清水和巳(著), 友利厚夫(著) / 早稲田大学出版部

作品情報

みずからの問題として大震災を考え、行動するために。被災地の復旧・復興に、原発事故への対処・管理に、次世代・未来世代に影響が及ぶ重要な意思決定をいかに行うか。専門家は、政策提言に際してどのような責任を負っているのか。全国学校図書館協議会選定図書

第1章 賠償・防災・減災
●契約理論で原発管理のあり方を考える (友利厚夫・荒木一法・小西秀樹)
契約理論とは/原子力損害の賠償に関する法律/原子力損害賠償支援機構/契約理論から見た原賠法の精神/事故の発生と被害の拡大をもたらした原因/防災と減災の最適水準/最善の契約と損害賠償/次善の契約と安全神話

第2章 疎開させるか/疎開させないか
●選択当事者としての視点 (清水和巳)
私はまず何をしたのか?/私の判断は根拠によって妥当なのか?/私の判断は手続きによって妥当なのか?/疎開問題が示唆すること――原発・放射能問題の「公」的性格

第3章 政策提言の方法論
●有識者の責任と「外部化」される政治について(河野勝)
政策提言する責任と無責任/「政治の外部化」と政策提言

もっとみる

商品情報

シリーズ
早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える
著者
河野勝, 小西秀樹, 荒木一法, 清水和巳, 友利厚夫
ジャンル
社会・政治・法律 - 社会
出版社
早稲田大学出版部
書籍発売日
2012.04.25
Reader Store発売日
2013.12.27
ファイルサイズ
0.6MB
ページ数
88ページ
シリーズ情報
全28巻

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 河野勝

    • 小西秀樹

    • 荒木一法

    • 清水和巳

    • 友利厚夫

    • 早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える

    もっとみる

    この作品のレビュー

    0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「申込み」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    クーポンコード登録

    登録

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。