アクセルを踏みこめ

原マサヒコ(著) / 経済界新書

作品情報

3万人が涙した感動の実話が、ついに復活!
「電車の中で読んだのは失敗だった。涙と鼻水を止めるのに苦労してしまった」
「最高にモチベーションの上がる本やった」
「こんなにも泣けるのかってくらい、泣けました」
多くの感動を読んだ『人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた』が、多くの読者の声に応えてついに復活。夢も希望もない男が、トヨタでNO.1になっていくまでの物語。

◆あらすじ
持病、不登校、母親からの勘当……。そんなボクに、ひとつの目標ができる。
「クルマの世界で一番になってやる!」
必死で整備士の資格を取り、トヨタに入社。でも、そこで待っていたのは、地獄だった。
いじめ、暴力、差別、流血……そこへ、一人の先輩が手を差し伸べてくれる。
先輩のいくつもの言葉が、目の前に起こる問題を解決へと導いてくれた。
「オートマなんて面白くねえじゃん。アクセル踏んでたら、勝手にギヤが変わっちゃうんだぜ。自分でギヤを選ぶから楽しいんじゃねえかよ」
「まず動けよ。考えるのはそれからだ。いくら頭で考えても、やってみたら違うってことがあんだよ」
先輩の教えや自らの気づきから、人生の原理原則を少しずつ身につけ、ボクは徐々に成長していく。しかし、そこに待ちかまえていたのは大きな悲劇だった……。

読み終えた先に待っているのは、「爽快な読後感」と沸き上がる「前向きな気持ち」。
明日のあなたは、きっと今日とは違っているはず。

著者情報
原マサヒコ[ハラマサヒコ]
「平民宰相」と呼ばれた第19代総理大臣・原敬の子孫。
高校時代の成績はビリからNo.1で、次第に学校にも行かなくなり、誰よりも早くクルマの免許を取って大好きなクルマと戯れる。
あげく親からも勘当され、一人暮らしを余儀なくされつつも、メカニックの世界でNo.1を目指して自動車整備士の資格を取り、トヨタ自動車に入社。ディーラーメカニックとして勤務しながら5000台もの自動車修理に携わる。
その後、整備技術を競う「トヨタ技能オリンピック」で最年少23歳にして見事優勝を果たしトヨタNo.1の座に。また、「カイゼン」のアイデアを競うアイデアツールコンテストで2年連続全国大会出場。
その後、活躍の場をIT業界に移してからも、PCのサポートを行なっていたデルコンピュータでは「5年連続顧客満足度No.1」に貢献。現在もITサポート企業に所属し、活躍している。
Twitterアカウント/masapikoo

もっとみる

商品情報

シリーズ
アクセルを踏みこめ
著者
原マサヒコ
ジャンル
新書 - 経済界新書
出版社
経済界
掲載誌・レーベル
経済界新書
書籍発売日
2011.11.25
Reader Store発売日
2011.11.25
ファイルサイズ
1.3MB
ページ数
244ページ

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 原マサヒコ

    • アクセルを踏みこめ

    もっとみる

    この作品のレビュー

    0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「申込み」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    クーポンコード登録

    登録

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。