みんなの履歴機能

みんなの履歴を見れば、フォローした人の読んだ・読みたい・レビューや、誰かにフォローされた、自分のレビューから本が売れた、の記録が確認できます。
みんなの履歴は、ページ上のみんなの履歴アイコンからいつでも見ることができ、何か動きがあると、数字でお知らせします。

すべてのみんなの履歴を見る

3 並び替え 一覧表示 平積表示
文藝春秋2017年4月号
10%Pt還元

文藝春秋2017年4月号

立花隆 (著), 塩野七生 (著), 佐藤優 (著), 浅田次郎 (著), 伊集院静 (著), 羽生結弦 (著), 石原慎太郎 (著), 半藤一利 (著), 国谷裕子 (著), 小池百合子 (著), 橘玲 (著), 北島三郎 (著), 小澤征爾 (著), 横田増生 (著) 、文藝春秋

0
著者はかつて、当局にイスラム過激派と疑われたために職も婚約者も失ったと訴える、ムスリムの青年を取材したことがあった。クウェート難民としてロンドンで育ち、大学でITを学んだ礼儀正しい青年、ムハメド・エムワジは数年後、イスラム国の黒覆面の処刑人「ジハーディ・ジョン」となり、湯川遥菜さんや後藤健二さんらを斬首することになる。エムワジはなぜ、凶悪なテロリストになったのか。「ジョン」と会った唯一のジャーナリストによる決定的評伝。

彼の足跡を辿ると、欧米社会で育ったムスリムの若者たちが偏見や差別にさらされ、将来に絶望する日々のなかで過激思想に染まっていく状況が見えてくる。テロ対策の名のともにイスラム社会に行っている、抑圧や監視が若者たちの先鋭化につながり、ジハード戦士を生み出す土壌になっている、と著者は指摘する。ジハーディ・ジョンの替えは、いくらでもいるのだ。「クローズアップ現代」でキャスターを務めた、国谷裕子氏の渾身の解説も必読!

【目次】
序章 わたしは「ジョン」と会っていた
第一章 クウェートから来た少年
第二章 イスラム過激派のネットワーク
第三章 MI5とアフリカの角
第四章 素顔のエムワジ
第五章 監視対象
第六章 シリアへの道
第七章 世界を震撼させた斬首
第八章 テロリストの逆流
最終章 「ゼロ・トレランス」の罠
解説 『ジハーディ・ジョンの生涯』を読み、後藤健二さんを想う (国谷裕子)
社会・政治・法律
  • Reader™
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ

ジハーディ・ジョンの生涯

ロバート・バーカイク (著), 国谷裕子 (解説), 野中香方子 (訳) 、文藝春秋

0