みんなの履歴機能

みんなの履歴を見れば、フォローした人の読んだ・読みたい・レビューや、誰かにフォローされた、自分のレビューから本が売れた、の記録が確認できます。
みんなの履歴は、ページ上のみんなの履歴アイコンからいつでも見ることができ、何か動きがあると、数字でお知らせします。

すべてのみんなの履歴を見る

451件から500件 (検索結果3,423件中) 並び替え 一覧表示 平積表示
高橋尚子編集長 第2弾! 「RUNの“伸びしろ”きっと見つかる! 」サブ3、サブ4を目指すランナーから、走ってやせたい方、 楽しく走りたい方まで、もう一歩先のトレーニングやラン に関する知識を大公開! この1冊であなたの「RUNの伸びしろ」を追求してみてください。 【Special Lesson】 高橋尚子「今さら聞けないランの常識・非常識[A]to[Z]」 【Lesson1 一歩先のトレーニング】■中野ジェームズ修一「やせたいランナーのための筋トレ&ストレッチ」■神野大地&秋山清仁「山の神が語る坂道の上り方・下り方」■日本郵政女子陸上部「KOBA式体幹&アクティブ体幹」■「ヨガ×ランニング」のススメ■女性芸能人最速ランナー・福島和可菜「サブ3を支えた低酸素ルーム」■金哲彦「自己ベスト達成からのランニングメソッド」 【Lesson2 ランを科学する】■人類初“サブ2”への挑戦■高岡寿成に聞く! 「日本のマラソンは本当にダメになったのか?」■フォームを科学で数値化する■茂木健一郎「ランは思考力を鍛える! 」■84歳のアイアンマン世界記録保持者・稲田弘を徹底解剖■花粉症ランナーの心得 【Lesson3 ランニングギア研究所】■最先端のギアはこう作られている■ランに最適なワイヤレスイヤホン■進化するランニングウォッチの使い方■賢い小物の選び方 ~サングラス&ザック~【Lesson4 レースを愉しむ】■新生東京マラソンを58人のランナーが採点! ■鈴木尚広「神の足を持つ男が初マラソンでサブ4達成」■NumberDo駅伝レポート■#numberdoスナップ「マイベストショット」■トップソムリエが明かす「メドックマラソン攻略法」■あと5分縮めるための「フルマラソンの裏技」 【Lesson5 ランナーのための栄養学】■STEP1 低糖質な食生活■STEP2 ファットアダプテーションとは?■東京カラダにいい店うまい店 低糖質メニュー編 【Lesson6 ランの美学 誰がために走るのか?】■67人のランナーズスナップ大公開!!あえてのスウェット/どっかにミリタリー美女ランナー/ネオンカラー/モノトーン走りのプロ/夜の皇居&休日の公園ランナー■【ガチンコ対談】武井壮 vs. 那須川天心■武井壮が教える深夜のマル秘ダッシュスポット■村田諒太が考えるトレーニングの原点※電子版には一部掲載されていない写真、記事がございます。※電子版からはご応募できない懸賞などがございます。
実用・趣味
  • Reader™
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ

Number Do(ナンバー・ドゥ)高橋尚子責任編...

文藝春秋・編 (編) 、文藝春秋文春e-Books

0
『バッテリー』『NO.6』のあさのあつこが描く!
江戸時代を舞台に、少年たちの成長と葛藤を描く、人気青春活劇全八巻がこの一冊に。

【収録作一覧】
『燦 1 風の刃』
江戸から遠く離れた田鶴藩。その藩主が襲われた。疾風のように現れた刺客は鳥獣を操り、剣も達者な謎の少年・燦(さん)。筆頭家老の嫡男・伊月(いつき)は、その矢面に立たされるが、2人の少年には隠された宿命があった――。
『燦 2 光の刃』
江戸での生活がはじまった。伊月は藩の世継ぎ・圭寿(よしひさ)とともに窮屈な大名屋敷住まい。一方、異能の一族に生まれ育った少年・燦も、祖父の遺言を守り、江戸の棟割長屋に暮らす。その2人が町で出会った矢先に不吉な知らせが届く。
『燦 3 土の刃』
「圭寿、死ね」。江戸の大名屋敷に暮らす田鶴藩の後嗣(こうし)に、闇から男が襲いかかった。同じころ、伊月は、藩邸の不穏な動きを探らせていた石崎文吾(ぶんご)の無残な死体を前にしていた。そして燦は、江戸で「神波の一族」を知る人物に出会う。彼らにいったい何が起ころうとしているのか――。
『燦 4 炎の刃』
「闇神波は本気で我らを根絶やしにする気だ」。刺客、暗殺、陰謀。江戸で男が次々と闇から斬りつけられる中、燦はついに争う者たちの手触りを感じ始める。一方、伊月は藩の代替わりの準備に追われるが、圭寿の亡き兄が寵愛した美しき側室・静門院(せいもんいん)が面会を求めてきて・・・・・・。
『燦 5 氷の刃』
燦、助けてくれ。頼む、燦。――圭寿の亡き兄が寵愛した側室・静門院の住まう屋敷からの帰り道、刺客に襲われた伊月は、生死の境をさまよい続ける。正体を現さぬ敵、闇神波への激しい怒りに揺り動かされる燦が静門院のもとを訪ねると、予想外の真実が明らかになり・・・・・・。
『燦 6 花の刃』
手伝ってくれ、燦――田鶴藩立て直しのため、燦に頭を下げる圭寿。藩の「病巣」かもしれぬ父・伊佐衛門への懸念を伊月が抱く中、闇神波と田鶴藩との繋がりも明らかになっていく。一方、静門院とお吉のふたりの女子は、思いがけない形で三人と深くかかわることになり・・・・・・。
『燦 7 天の刃』
田鶴藩に戻った燦を不意に襲う、謎の飛礫。それはかつて共に暮らした與次の仕業だった。「今更のこのこ帰りやがって。何もかも遅すぎるんだ!」與次から篠音の身の上を聞いた燦は、ある決意をする。
『燦 8 鷹の刃』
おれが必ず燦に逢わせてやる――遊女に堕ちた身を恥じながらも燦への想いを募らせる篠音に、伊月は誓う。遊里からの帰り道、星月夜に轟く鳥の声に不吉な胸騒ぎがし、城へと急ぐ。正に刺客が薄主・圭寿に放たれていた。その頃、静門院とお吉は田鶴に向かって道を急いでいたが・・・・・・。
文学・小説
  • Reader™
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ

合本 燦 【文春e-Books】

あさのあつこ (著) 、文藝春秋文春e-Books

0