みんなの履歴機能

みんなの履歴を見れば、フォローした人の読んだ・読みたい・レビューや、誰かにフォローされた、自分のレビューから本が売れた、の記録が確認できます。
みんなの履歴は、ページ上のみんなの履歴アイコンからいつでも見ることができ、何か動きがあると、数字でお知らせします。

すべてのみんなの履歴を見る

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23)

安彦良和 (著), 矢立肇 (原案), 富野由悠季 (原案), 大河原邦男 (メカニックデザイン) / KADOKAWA / 角川書店 / 角川コミックス・エース / 2017.3
コミック・ゲーム攻略本 / 青年コミック / 機動戦士ガンダム THE ORIGIN

クレジットカードはじめて購入キャンペーン

対応デバイス

  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ

ガンダム特集ページ

書籍説明

ジオンの捕虜となったセイラはアルテイシアを名乗りラル派の残党を糾合、ギレンを暗殺し全軍を掌握したキシリアに叛旗をひるがえす。一方ガンダムを失ったアムロはシャアのあとを追って要塞深部へ向かった。

書籍情報

シリーズ :
機動戦士ガンダム THE ORIGIN
著者 :
安彦良和 (著), 矢立肇 (原案), 富野由悠季 (原案), 大河原邦男 (メカニックデザイン)
出版社 :
KADOKAWA / 角川書店
レーベル :
角川コミックス・エース
おすすめ度 :
2件のレビュー
書籍発行日 :
2011.11.24
Reader™ Store発売日 :
2017.3.25
ISBN :
9784047157705
フォーマット :
EPUB 3
ファイルサイズ :
110.2MB
シリーズ情報 :
全24冊 完結

みんなのレビュー

2
0
0
0
0

おすすめ度

2件のレビュー

よいレビューだと感じたら、【参考になった】ボタンを押そう!
ボタンを押してから本を購入すると、よい本を紹介してくれた感謝のしるしとして、レビュワーにReader Storeからソニーポイントをプレゼントします。

  • かるた

    2017.3.25 00:01

    [完結]感動的な終わり方は心に深く刻まれます。

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    ガンダムVSジオングのMSの戦いからアムロとシャアの生身の戦いに移ります。
    最後が人同士の戦いというのはガンダムが人の物語であることの象徴なのかもしれません。

    この戦いでシャアは初めて本心をアムロにぶつけます。
    その感情の高ぶりは見ていて怖いほどです。
    大佐という地位にあり部下もいて復讐のために本心を隠したまま生きなければならなかった。
    そんな足枷が外れた今、本心をむき出しにする様は恐ろしくもあります。

    セイラさんが現れいつもの冷静なシャアに戻りますが、
    最愛の妹に別れを告げるその表情からは哀愁が見てとれます。
    ORIGINで明らかになったシャアの過去を知っているので、
    目頭が熱くなって胸にこみ上げてくるものがありました。

    最後にアムロがみんなの所に帰ってくるシーンはORIGINの締めとしてふさわしいラスト。
    “あぁ、終わったんだな…”と読み終わった後に感慨深いものがありました。

    あの有名なシーン(バズーカでキシリアを討つシーン)はアニメ以上にえげつない。
    R15指定でしょう。

  • yakitori

    2017.3.25 05:51

    安彦ガンダム最高‼︎

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    モビルスーツ戦からノーマルスーツ戦となる最終巻は、この物語がやはり人間ドラマであるコトを思い起こさせる。それは中盤の見せ場、シャア対アムロの対峙でクライマックスを迎える…

    シャアが語る「ジオン対連邦ではなく! アースノイド対スペースノイドですらなく‼︎ 真に戦うべきはオールドタイプ対ニュータイプなのだと‼︎」に全てのガンダムのテーマが含めれているのだが、その理想論を吐くシャア自身でさえ打倒ザビ家という怨念に囚われたヒトであったという最後がやるせない…けど素晴らしいドラマ展開、深い、深いよガンダム。

    そして「戦争の道具」としてしか使って来なかったニュータイプ能力を自身を、仲間を生かす為、生き残る為に使うアムロが最後に呟く「僕にはまだ帰れるところがあるんだ…」は何度読んでもグッと来る。最後まで読んで来て良かった!と報われる瞬間だ。

    安彦ガンダム最高‼︎ そしてありがとう!

  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23)のレビューをすべて見る
新刊通知
シリーズ OFF
安彦良和 OFF
矢立肇 OFF
富野由悠季 OFF
大河原邦男 OFF

このシリーズ / 作者の新刊が配信された際にお知らせします。

新刊通知の管理画面へ

対応デバイス
  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
コンテンツについて

※Reader(PRS-G1/T1/650/350)で読む際に、本体ソフトウェアのアップデートが必要となる場合があります。詳しくはこちら

ランキング もっと見る
2017.4.27
  1. 1 アップ
  2. 2 ニュー
  3. 3 ニュー
  4. 4 ニュー
  5. 5 ダウン
アプリダウンロード
  • Google play
  • App Store
特集・キャンペーン
  • 「この本を電子化して欲しい!」などのリクエスト募集中!
  • メルマガ会員登録すると100ポイントプレゼント