みんなの履歴機能

みんなの履歴を見れば、フォローした人の読んだ・読みたい・レビューや、誰かにフォローされた、自分のレビューから本が売れた、の記録が確認できます。
みんなの履歴は、ページ上のみんなの履歴アイコンからいつでも見ることができ、何か動きがあると、数字でお知らせします。

すべてのみんなの履歴を見る

去年の冬、きみと別れ
去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ

中村文則 (著) / 幻冬舎 / 幻冬舎文庫 / 2016.4
文学・小説 / 小説 / 去年の冬、きみと別れ

 サン・ジョルディの日記念カートまとめ

クレジットカードはじめて購入キャンペーン

対応デバイス

  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
書籍説明

ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は二人の女性を殺した罪で死刑判決を受けていた。だが、動機は不可解。事件の関係者も全員どこか歪んでいる。この異様さは何なのか? それは本当に殺人だったのか? 「僕」が真相に辿り着けないのは必然だった。なぜなら、この事件は実は??。話題騒然のベストセラー、遂に文庫化!

書籍情報

シリーズ :
去年の冬、きみと別れ
著者 :
中村文則 (著)
出版社 :
幻冬舎
レーベル :
幻冬舎文庫
おすすめ度 :
5件のレビュー
書籍発行日 :
2016.4.12
Reader™ Store発売日 :
2016.4.12
ISBN :
9784344424678
フォーマット :
EPUB 3
ファイルサイズ :
1.1MB
シリーズ情報 :
1冊 配信中

みんなのレビュー

1
2
2
0
0

おすすめ度

5件のレビュー

よいレビューだと感じたら、【参考になった】ボタンを押そう!
ボタンを押してから本を購入すると、よい本を紹介してくれた感謝のしるしとして、レビュワーにReader Storeからソニーポイントをプレゼントします。

  • sabachthani?

    2014.3.7 20:56

    読んだらきっと読み返したくなる

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    2人の女性を殺した罪で死刑判決を受けたカメラマンと、彼のことを手記にしようとするライターの「僕」、その他事件関係者。それぞれの視点や手紙の形式で物語が展開していきます。
    ネタバレになるので多くは書けませんが、事件のあらましが大体わかってきたころ、ある章から脳内世界が一変し最初から読み返したくなること受けあい。
    作中でも芥川龍之介「地獄変」とトルーマン・カポーティ「冷血」が重要なモチーフとなっていて、人間の狂気とは‥と考えるとこちらも気になってきます。

  • hazu-haya-yu

    2014.10.13 19:13

    タイトルと表紙と中身のギャップ

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

     想像していたストーリーと全く違っていて、裏切られ方が面白かった。
    読み始めてすぐに、歪んだ精神性の様なものを感じて、どこかで騙されそうと感じつつ
    状況を反復しながら読み終えた。
    残念なことに、芥川龍之介の「地獄変」もカポーティ―の「冷血」のどちらも読んだことがなく
    そこは想像するしかなかった。
     登場する人それぞれの心の歪みと迷いがこれ以上深く表現されていたら、読み終えるのは
    きつかったかも。そういう意味では「僕には無理」という語りのラストは落としどころかな
    と思いました。
     もう一度読み直してみたい1冊です。

  • mag2000

    2016.6.27 09:51

    精神が浮遊してしまう感覚

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    芸術が狂気を招くというのはけっして絵空事ではないと思います。「彼には欲望がない、いつも他人の羨望、模倣だった。」この表現にどきりとしました。本当の自分なんて確固としたものはないのかもしれない。そして物事の価値基準も。 この登場人物たちはリアリティに欠ける、いってみれば怪物ですが、彼らの行いはそれなりに必然性があるように見えます。人形師とか死刑囚の告白とか、中盤は江戸川乱歩の世界を彷彿とさせる古風な感じもありました。

  • らくだ

    2016.4.14 16:38

    あれ?恋愛小説じゃなかったの??

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    恋愛小説かと手にとったらミステリーというか、サスペンスというか、猟奇的なタイプのやつでした。
    読んだ後の気分はあまりよろしくないかも。
    辻褄の合わないところなどはないので、よくできた作品、なのでしょうが、殺人の方法やら、性描写やら、男性向きですね、あまりいい気分ではありませんでした。
    ただ、誰が一番悪人か?と考えた時、すぐには思い浮かばないかな?と思うので、そういう意味では面白かったと思います。

  • 上海かんすけ

    2016.12.9 09:16

    なんだかよくわからなかった

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    読み手を選ぶと思います。殺人者たちの心理描写を様々な角度、登場人物から描き、真相に迫っていきます。が、なんだか心理分析なお話が続いて疲れてしまいました。恐らく、江戸川乱歩のパノラマ島奇譚等に興味のある方はジャストミートな面白さだと思いました。

  • 去年の冬、きみと別れのレビューをすべて見る

324 円(税込)

472 円 31%OFF

セール期限: 2017.04.28 00:00

優待プログラムの詳細

本コンテンツは、ブラウザでお読みいただけます。(β版サービス提供中)
「試し読み」ボタンをクリックして、お使いのブラウザで正しく表示されることをご確認の上、ご購入ください。

試し読み

本コンテンツは、Internet Explorer バージョン10、11、Google Chromeのブラウザでお読みいただけます。
Internet Explorer 10、11は、Windows 7以上、Google Chromeでのブラウザ閲覧はWindows 7以上、Mac OS 10.8以上でご利用いただけます。

Windows 7以上のOSをお使いで、Internet Explorer 9以下のバージョンをご利用の方は以下よりダウンロードをお願いいたします。

Internet Explorer 最新版のダウンロード

Windows 7以上もしくはMac OS 10.8以上のOSをお使いの方は、Google Chrome最新版をダウンロードすることでブラウザ対応コンテンツをお楽しみいただけます。

Google Chrome 最新版のダウンロード

対応ブラウザについて詳しくはこちら

本コンテンツは、Internet Explorer 10、11、及び、Google Chrome 最新版で、直接お読みいただけます。
新刊通知
シリーズ OFF
中村文則 OFF

このシリーズ / 作者の新刊が配信された際にお知らせします。

新刊通知の管理画面へ

対応デバイス
  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
コンテンツについて

※Reader(PRS-G1/T1/650/350)で読む際に、本体ソフトウェアのアップデートが必要となる場合があります。詳しくはこちら

ランキング もっと見る
2017.4.25
  1. 1 アップ
  2. 2 ダウン
  3. 3 キープ
  4. 4 アップ
  5. 5 ダウン
アプリダウンロード
  • Google play
  • App Store
特集・キャンペーン
  • 「この本を電子化して欲しい!」などのリクエスト募集中!
  • メルマガ会員登録すると100ポイントプレゼント