みんなの履歴機能

みんなの履歴を見れば、フォローした人の読んだ・読みたい・レビューや、誰かにフォローされた、自分のレビューから本が売れた、の記録が確認できます。
みんなの履歴は、ページ上のみんなの履歴アイコンからいつでも見ることができ、何か動きがあると、数字でお知らせします。

すべてのみんなの履歴を見る

鍵の掛かった男
鍵の掛かった男

鍵の掛かった男

有栖川有栖 (著) / 幻冬舎 / 幻冬舎単行本 / 2015.11
文学・小説 / 小説 / 鍵の掛かった男

クレジットカードはじめて購入キャンペーン

対応デバイス

  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
書籍説明

2015年、1月、大阪市中之島の古き良きプチホテル「銀星ホテル」で一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死(いし=首くくり)と断定。ところが、梨田が自殺したと納得できない一人の人間がいた。同ホテルを大阪での定宿にしている大御所女流作家の影浦浪子である。梨田は、5年ほど銀星ホテルのスイートルームに住み続け、ホテルの支配人をはじめとする従業員や常連客からも愛され、しかも2億円以上の預金があった。梨田が自殺するはずない(=他殺なのではないか)と影浦は直観し、その死の謎の解明を、同業者であるミステリ作家の有栖川有栖と、その友人で犯罪社会学者の大学准教授・火村英生に依頼した。火村が大学の入学試験ですぐに行動できないために、まずは有栖川有栖の単独調査となった。が、梨田はまったく身寄りがない上に、これまでの来歴にかんする手がかりがほとんどなく、どんな人物像を描けばいいのか、まったく闇の中で、その人生は「鍵の掛かった男」としか言いようのないものだった。生前の梨田を知る者たちが認識していた梨田とは誰だったのか? 結局、自殺したのか、他殺だったのか。他殺だとすれば誰が犯人なのか? 有栖川有栖の地道な調査で少しずつ過去が明らかになり、そこへ入学試験業務を終えた火村も調査に加わり、思いもしない結末が関係者全員を待ち受けていた。

書籍情報

シリーズ :
鍵の掛かった男
著者 :
有栖川有栖 (著)
出版社 :
幻冬舎
レーベル :
幻冬舎単行本
おすすめ度 :
4件のレビュー
書籍発行日 :
2015.10.8
Reader™ Store発売日 :
2015.11.6
ISBN :
9784344028333
フォーマット :
EPUB 3
ファイルサイズ :
2.0MB
シリーズ情報 :
1冊 配信中

みんなのレビュー

1
3
0
0
0

おすすめ度

4件のレビュー

よいレビューだと感じたら、【参考になった】ボタンを押そう!
ボタンを押してから本を購入すると、よい本を紹介してくれた感謝のしるしとして、レビュワーにReader Storeからソニーポイントをプレゼントします。

  • ツクヨミ

    2016.3.7 16:26

    かつてないボリューム、かつてない謎

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    火村シリーズの長編です。『朱色の研究』など、過去にも長編はあったものの、本書は400字詰め原稿用紙にして972枚という大ボリューム。内容的にもいつもとは趣向を変えて、大御所作家の頼みを受けたアリスと火村がある男性の死について調査を始める――という展開になっています。事件かどうかもわからないのに調査する、というだけでも異例ですが、解き明かすべき謎は男性の人生そのものというのがまた異例。
    さらに異例なのが、アリスが火村に負けないくらい活躍していること。特に前半のアリスは完全に探偵役です。同じ探偵役を演じても、火村とは違った印象になるところが面白く感じました。関係者から話を聞くシーンなんかに、気配り上手なアリスの性格がよく出ていると思います。
    梨田の謎が明らかになるにつれてどんどん物語に引き込まれ、読み終えるころには、梨田をはじめとする登場人物たちが自分の知り合いのように感じられました。それだけ人物造形がしっかりしているということでしょうね。
    余談ですが、作中でアリスがスイートなんかに泊まっているせいか、読んでいてホテルに宿泊したくなりました。

  • つたもみじ

    2016.4.6 20:04

    作家アリスシリーズ長篇。

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    その男は自殺なのか、他殺なのか…。
    作家アリスシリーズ長篇。中之島の「銀星ホテル」で隠遁生活をしていた梨田稔の死。警察は縊死と断定するが、同ホテルを定宿としていた大御所作家は納得がいかず、有栖川に真相解明を依頼する。前半はアリスだけの調査、後半から火村も加わっての物語。作家シリーズは、良くも悪くもロジカルというか、謎解きありきというイメージなのですが、今回は一人の孤独な男の人生と内面を解き明かす展開で読み応えがあった。しかし梨田の物悲しい人生と死に比べると、犯人の動機が自業自得の逆恨み過ぎて、なんとも…。

  • maxseki

    2017.1.27 21:41

    火村英生シリーズ久しぶりの長編を堪能

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    ホテルに長期滞在していた年配男性が謎の死を遂げる。自殺として処理されることに疑問をもった男性の知人は、アリスと火村に真相解明を依頼する・・・というストーリー。手がかりがほとんどない状態から、丁寧な聞き込みを経てすこしずつ男のバックボーンを浮き彫りにしていく様は、まるで社会派小説のよう。読み応え十分で、決して派手な展開はないものの引き込まれました。ページ数は多くなっていますが、1つ1つの描写が丁寧で著者の円熟味を感じさせる一冊です。意外性たっぷりの真相もグッド。

  • あゆみのパパ

    2016.3.14 19:51

    抜群面白い正統派本格ミステリー

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    久々の隔絶された館での本格犯人探し。
    大阪中之島の雰囲気、滞在客の個性豊かなキャラクターも面白い
    ただし惜しむらくは、犯人の動機弱し❗

  • 鍵の掛かった男のレビューをすべて見る

1,469 円(税込)

優待プログラムの詳細

本コンテンツは、ブラウザでお読みいただけます。(β版サービス提供中)
「試し読み」ボタンをクリックして、お使いのブラウザで正しく表示されることをご確認の上、ご購入ください。

試し読み

本コンテンツは、Internet Explorer バージョン10、11、Google Chromeのブラウザでお読みいただけます。
Internet Explorer 10、11は、Windows 7以上、Google Chromeでのブラウザ閲覧はWindows 7以上、Mac OS 10.8以上でご利用いただけます。

Windows 7以上のOSをお使いで、Internet Explorer 9以下のバージョンをご利用の方は以下よりダウンロードをお願いいたします。

Internet Explorer 最新版のダウンロード

Windows 7以上もしくはMac OS 10.8以上のOSをお使いの方は、Google Chrome最新版をダウンロードすることでブラウザ対応コンテンツをお楽しみいただけます。

Google Chrome 最新版のダウンロード

対応ブラウザについて詳しくはこちら

本コンテンツは、Internet Explorer 10、11、及び、Google Chrome 最新版で、直接お読みいただけます。
新刊通知
シリーズ OFF
有栖川有栖 OFF

このシリーズ / 作者の新刊が配信された際にお知らせします。

新刊通知の管理画面へ

対応デバイス
  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
コンテンツについて

※Reader(PRS-G1/T1/650/350)で読む際に、本体ソフトウェアのアップデートが必要となる場合があります。詳しくはこちら

ランキング もっと見る
2017.4.30
  1. 1 キープ
  2. 2 キープ
  3. 3 キープ
  4. 4 アップ
  5. 5 アップ
アプリダウンロード
  • Google play
  • App Store
特集・キャンペーン
  • 「この本を電子化して欲しい!」などのリクエスト募集中!
  • メルマガ会員登録すると100ポイントプレゼント