みんなの履歴機能

みんなの履歴を見れば、フォローした人の読んだ・読みたい・レビューや、誰かにフォローされた、自分のレビューから本が売れた、の記録が確認できます。
みんなの履歴は、ページ上のみんなの履歴アイコンからいつでも見ることができ、何か動きがあると、数字でお知らせします。

すべてのみんなの履歴を見る

ふたがしら(1)
ふたがしら(1)

ふたがしら(1)

オノ・ナツメ (著) / 小学館 / ビッグスピリッツ / IKKI COMIX / 2013.12
コミック・ゲーム攻略本 / 青年コミック / ふたがしら

3月31日(金)まで年度末キャンペーン

対応デバイス

  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
書籍説明

時は江戸時代。盗みを生業とする赤目一味の頭目・辰五郎の死に際に立ち会った弁蔵と宗次。辰五郎はふたりの手を取り「一味のこと、まかせた」とだけ言い残し、息を引き取った。しかし、ふたり以外に証人のいないこの遺言、結局跡目に据えられたのは頭目の弟分・甚三郎だった。姐さんによるこの采配に納得いかないふたりは、一味を去ることに。どこまでも向こう見ずな男・弁蔵と、冷たい眼差しの中に何かを秘めている宗次。あての無い旅ふたり旅、でっかいことをなしとげに出立したはいいが、行く先々で騒動が・・・!? 『さらい屋五葉』のオノ・ナツメが描く、新感覚江戸活劇!

書籍情報

シリーズ :
ふたがしら
著者 :
オノ・ナツメ (著)
出版社 :
小学館
掲載誌 :
ビッグスピリッツ
レーベル :
IKKI COMIX
おすすめ度 :
2件のレビュー
書籍発行日 :
2011.12.27
Reader™ Store発売日 :
2013.12.23
ISBN :
9784091885685
フォーマット :
EPUB 3
ファイルサイズ :
40.4MB
シリーズ情報 :
全7冊 完結

みんなのレビュー

1
1
0
0
0

おすすめ度

2件のレビュー

よいレビューだと感じたら、【参考になった】ボタンを押そう!
ボタンを押してから本を購入すると、よい本を紹介してくれた感謝のしるしとして、レビュワーにReader Storeからソニーポイントをプレゼントします。

  • そうたろ

    2013.12.29 00:05

    外連味溢れる時代劇

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    『さらい屋五葉』の脇役二人の青年時代を描く、作者得意の江戸活劇です。
    あちらと違うのは、登場人物や画面の空気感が明るいこと。粋な台詞回しや間の演出が秀逸で、話のテンポの良さも相まって凄く楽しめました。
    初めての方も取っつきやすい作品だと思いますので、是非。

  • ふぇんりるG

    2014.9.15 13:35

    おかしら!空から女の子が!

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    降ってきたりはしません。
    普通は墜落死してしまいます。
    セリフ言いたかっただけです。

    そんな訳でオノ・ナツメさんの江戸人情系漫画ですね。
    『さらい屋五葉』のサブキャラ2名を主人公にしてるんですが、そうたろさんのレビュー見るまで気付いてませんでした・・・
    あかん、寝る前に読むと内容がうっすらな時がある・・・

    本作はダブル主人公となっています。
    一人は熱血、一人は冷静とよくある相棒像ですね。
    この二人の掛け合いを楽しむ漫画です。
    二人が所属していた盗人一味の親分の、二人に対して「跡目を頼んだ」という遺言。
    これがタイトルの意味するところなのだろうと思います。
    更に上下関係では無い、二人でそれぞれが対等な立場であるという意思表示を含んでいるようにも思えます。
    その想いがあったからこそ、『さらい屋五葉』での「並び頭」という関係性だったんでしょうね。

    オノ・ナツメさんファンの方、時代劇が好きな方にオススメ。

    本作を読むなら先に『さらい屋五葉』を読んだ方がいいですね。
    他にも『さらい屋五葉』のサブキャラのスピンオフ作品がありますので、基本となる作品から読まれた方がベネ(良し)だと思います。

  • ふたがしら(1)のレビューをすべて見る

648 円(税込)

優待プログラムの詳細

本コンテンツは、ブラウザでお読みいただけます。(β版サービス提供中)
「試し読み」ボタンをクリックして、お使いのブラウザで正しく表示されることをご確認の上、ご購入ください。

試し読み

本コンテンツは、Internet Explorer バージョン10、11、Google Chromeのブラウザでお読みいただけます。
Internet Explorer 10、11は、Windows 7以上、Google Chromeでのブラウザ閲覧はWindows 7以上、Mac OS 10.8以上でご利用いただけます。

Windows 7以上のOSをお使いで、Internet Explorer 9以下のバージョンをご利用の方は以下よりダウンロードをお願いいたします。

Internet Explorer 最新版のダウンロード

Windows 7以上もしくはMac OS 10.8以上のOSをお使いの方は、Google Chrome最新版をダウンロードすることでブラウザ対応コンテンツをお楽しみいただけます。

Google Chrome 最新版のダウンロード

対応ブラウザについて詳しくはこちら

本コンテンツは、Internet Explorer 10、11、及び、Google Chrome 最新版で、直接お読みいただけます。
新刊通知
シリーズ OFF
オノ・ナツメ OFF

このシリーズ / 作者の新刊が配信された際にお知らせします。

新刊通知の管理画面へ

対応デバイス
  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
コンテンツについて

※Reader(PRS-G1/T1/650/350)で読む際に、本体ソフトウェアのアップデートが必要となる場合があります。詳しくはこちら

ランキング もっと見る
2017.3.23
  1. 1 ニュー
  2. 2 ニュー
  3. 3 ニュー
  4. 4 ニュー
  5. 5 ニュー
アプリダウンロード
  • Google play
  • App Store
特集・キャンペーン
  • 「この本を電子化して欲しい!」などのリクエスト募集中!
  • メルマガ会員登録すると100ポイントプレゼント