みんなの履歴機能

みんなの履歴を見れば、フォローした人の読んだ・読みたい・レビューや、誰かにフォローされた、自分のレビューから本が売れた、の記録が確認できます。
みんなの履歴は、ページ上のみんなの履歴アイコンからいつでも見ることができ、何か動きがあると、数字でお知らせします。

すべてのみんなの履歴を見る

書籍説明

ポアロのもとに届いた予告状のとおり、Aで始まる地名の町で、Aの頭文字の老婆が殺された。現場には不気味にABC鉄道案内が残されていた。まもなく、第二、第三の挑戦状が届き、Bの地でBの頭文字の娘が、Cの地でCの頭文字の紳士が殺され……。新訳でおくる、著者全盛期の代表作。

書籍情報

シリーズ :
ABC殺人事件
著者 :
アガサ・クリスティ (著), 堀内静子 (訳)
出版社 :
早川書房
レーベル :
クリスティー文庫
おすすめ度 :
6件のレビュー
書籍発行日 :
2003.11.15
Reader™ Store発売日 :
2012.2.17
ISBN :
9784151300110
フォーマット :
EPUB 3
ファイルサイズ :
446KB
ページ数 :
416 ページ
シリーズ情報 :
1冊 配信中

みんなのレビュー

3
1
2
0
0

おすすめ度

6件のレビュー

よいレビューだと感じたら、【参考になった】ボタンを押そう!
ボタンを押してから本を購入すると、よい本を紹介してくれた感謝のしるしとして、レビュワーにReader Storeからソニーポイントをプレゼントします。

  • みん

    2017.3.30 10:54

    エルキュールがヘラクレスって意味だと知らなかったなぁ

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    本作は予告殺人の話で、ABCと名乗る人物が犯人です。いくつかの都市を跨いだ連続殺人事件が起こります。
    アガサクリスティーの代表作の一つであり、シリーズ長編11作目です。ヘイスティングが再登場する作品でもあります。

    興味深いのは、被害者や容疑者の名前の由来やクリスチャンネームが検討材料としてでてきます。
    例えば、エルキュールはフランス語でヘラクレスという意味とか。
    あとは、ポアロシリーズにも多いと思いますが、私はクローズドサークルものをよく読むので、本作のような容疑者さえ最後の方まで定まらない作品には斬新さを感じました。
    ヘイスティングの手記という形で話が進んでいきますが、その中でも他の視点を挟んでいるところも面白いです。
    ポアロの推理の仕方も動機や人間性にこだわったもので、とてもポアロらしさが出ている作品だと思います。

    結末には驚きましたが、私にはアンフェアに感じてしまったので、☆3つにしました。
    大切な伏線を見逃しているのかもしれないですね・・・。
    アクロイド殺しとかの方が、ストーリーの面白さのために多少目をつぶるということがしやすいような・・・という感想です。
    皆さんはどう感じるか、注意深く読んでみてほしいです!

  • centerno2

    2015.10.16 19:33

    驚くような結末

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    これは凄い!
    今までにもアガサ・クリスティの作品の本やDVDをいろいろ
    観ていますが、この作品は秀逸です。
    最後の最後まで犯人がわからず、驚くような結末を迎えます。
    推理小説の見本とも言えるような名作ですね。

  • Brown

    2014.10.26 14:32

    理不尽な感じが全くない素晴らしい作品!

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    連続殺人において一見無関係の被害者同士の共通項を探していくものをミッシング・リンク・テーマを総称してこう言います。(あとがき参照)
    そのミッシング・リンク・テーマの名作です。事件の最後の展開にものすごい驚かされ、かつそれに理不尽感が全くなく、非常に論理的ですごいよかったです。
    まだ読んでない人には絶対読んでほしい作品なのでぜひ読んでみて下さい。

  • ny44320707

    2013.11.23 00:45

    アルファベット順で殺害していく意味は?

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    アルファベット順で殺害されていくという異常な犯罪に挑むポワロ。灰色の脳細胞をフルに使い事件を見ていきますが、殺人は止まることなく続いていく。この事件のために、次のアルファベットの地域で、次のターゲットと成りうる人々は、安全や安心などは皆無です。一体犯人は何のためにこのような殺人をするのだろうか?

     殺害方法はもちろんですが、殺害をする動機がこれほど読者の想像を超えるものは無いのではないでしょうか。クリスティが「ミステリの女王」と言われるのも納得です。こんな小説普通の人には書けません。少しでも興味がある方は、読んではいかがでしょうか?ものすごく面白いです。

  • うえぴー

    2014.6.11 23:09

    ミッシングリンクものの歴史的名作

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    30年ぶりの再読。小学生のときに、あかね書房の少年少女推理文学全集の「ABC怪事件」のタイトルで読んで以来。ミッシングリンクもの、という事だけ覚えていたので、今回のは再読というより初読に近いです。クリスティの黄金期に書かれただけあって、●●ネタとの複合もあり、現代日本でも十分通用するレベルの高さ。クイーンの1932年黄金期に匹敵すると思いました。っつうか俺クリスティ初心者じゃね? と猛省した次第です。先日書店で見つけた、霜月蒼『アガサ・クリスティー完全攻略』を読もうかしら。

  • ABC殺人事件のレビューをすべて見る

720 円(税込)

優待プログラムの詳細

本コンテンツは、ブラウザでお読みいただけます。(β版サービス提供中)
「試し読み」ボタンをクリックして、お使いのブラウザで正しく表示されることをご確認の上、ご購入ください。

試し読み

本コンテンツは、Internet Explorer バージョン10、11、Google Chromeのブラウザでお読みいただけます。
Internet Explorer 10、11は、Windows 7以上、Google Chromeでのブラウザ閲覧はWindows 7以上、Mac OS 10.8以上でご利用いただけます。

Windows 7以上のOSをお使いで、Internet Explorer 9以下のバージョンをご利用の方は以下よりダウンロードをお願いいたします。

Internet Explorer 最新版のダウンロード

Windows 7以上もしくはMac OS 10.8以上のOSをお使いの方は、Google Chrome最新版をダウンロードすることでブラウザ対応コンテンツをお楽しみいただけます。

Google Chrome 最新版のダウンロード

対応ブラウザについて詳しくはこちら

本コンテンツは、Internet Explorer 10、11、及び、Google Chrome 最新版で、直接お読みいただけます。
新刊通知
シリーズ OFF
アガサ・クリスティ OFF
堀内静子 OFF

このシリーズ / 作者の新刊が配信された際にお知らせします。

新刊通知の管理画面へ

対応デバイス
  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
コンテンツについて

※Reader(PRS-G1/T1/650/350)で読む際に、本体ソフトウェアのアップデートが必要となる場合があります。詳しくはこちら

ランキング もっと見る
2017.4.23
  1. 1 キープ
  2. 2 キープ
  3. 3 キープ
  4. 4 アップ
  5. 5 アップ
アプリダウンロード
  • Google play
  • App Store
特集・キャンペーン
  • 「この本を電子化して欲しい!」などのリクエスト募集中!
  • メルマガ会員登録すると100ポイントプレゼント