みんなの履歴機能

みんなの履歴を見れば、フォローした人の読んだ・読みたい・レビューや、誰かにフォローされた、自分のレビューから本が売れた、の記録が確認できます。
みんなの履歴は、ページ上のみんなの履歴アイコンからいつでも見ることができ、何か動きがあると、数字でお知らせします。

すべてのみんなの履歴を見る

鹿男あをによし

鹿男あをによし

万城目学 (著) / 幻冬舎 / 幻冬舎文庫 / 2011.7
文学・小説 / 小説 / 鹿男あをによし

クレジットカードはじめて購入キャンペーン

対応デバイス

  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
書籍説明

テレビドラマ化もされた大ベストセラー、ついに電子化。
大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めのはずだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声が鹿が話しかけてくるまでは。「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。彼に下された謎の指令とは?古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー!

書籍情報

シリーズ :
鹿男あをによし
著者 :
万城目学 (著)
出版社 :
幻冬舎
レーベル :
幻冬舎文庫
おすすめ度 :
19件のレビュー
書籍発行日 :
2010.4.1
Reader™ Store発売日 :
2011.7.15
ISBN :
9784344414662
フォーマット :
EPUB 3
ファイルサイズ :
573KB
ページ数 :
454 ページ
シリーズ情報 :
1冊 配信中

みんなのレビュー

9
7
3
0
0

おすすめ度

19件のレビュー

よいレビューだと感じたら、【参考になった】ボタンを押そう!
ボタンを押してから本を購入すると、よい本を紹介してくれた感謝のしるしとして、レビュワーにReader Storeからソニーポイントをプレゼントします。

  • y-miya

    2013.9.26 12:35

    非現実的なお話はちょっと・・・という人にも読んでみてほしい

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    鹿に話しかけられる.なんやそのしょーもない設定は.
    と,あらすじだけ読んで決め付けてはいけません.
    超非科学的な状況を全く受け入れられない科学者の「おれ」.そう,主人公こそがそのしょーもない設定を最も受け入れられないタイプの人なんです.
    だからでしょうか.主人公の視線で読み進めるうち,読者もぐいぐいとありえない世界に強引に巻き込まれていき,ありえない困難にあら困ったわぁと自然と感情移入していきます.
    そして何の冗談なのかと思っていた設定が意外や古代スペクタクルロマンの様相に.奇抜すぎる設定のため本筋の説明が後回しにされがちですが(私もしましたが),手に汗にぎるミステリー小説なんです.一気読み必至!

  • ココすけのままりん

    2016.11.21 14:19

    十二支の因縁の件。絶対人に言いたくなること請け合い。

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    私、勝手に「かりんとう効果」と名付けました。全編を通して、その時々の先生の気持ちに寄り添いながら、
    かりんとうの味わい方が変化する、かりんとうのかじり方が違うという、面白い法則を発見しました!
    ほかにも、ほんのちょこっとの芭蕉さんの出番すら、爆笑級です。なのでどれくらい楽しめるかって・・・!
    その上、「おれ」からの一人称の目線なので、先生の心・思う事はダダ漏れの一直線でわかり易い。
    いい奴だなあ!
    なんてったって、とんでもない事されたのに、それを受け入れようとするなんて、いい奴に決まっている。

  • スカイフィッシュ

    2014.10.27 11:44

    面白いです。気軽に読み始めると止まらなくなる。伝奇ミステリーの秀作

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    「しゅららぽん」「プリンセス・トヨトミ」に次いで3作目の万城目作品は。読み味としては軽妙で数百ページを一気に読める。個人的には万城目作品は出汁の効いた和食の名品のような感じ。読み疲れが一切なくて、それでいてしっかり味わい深く、何より面白い。伝奇ミステリーという分野には何人か好きな作家さんはいるが、万城目さんの作風は他の作家さんにはない。この作品も、解説だけ読んで「鹿が話しかけてくる」なんて怪しい子供向けファンタジーと思って、読まないでいるのはもったいない。日本の神代の伝説を元にしたしっかりとしたミステリーに仕上がっています。あと女性登場人物が魅力的。特に女子高生の準主人公はミステリーっぽくないキャラクター設定で、どうにも気になる、応援したくなる存在。後半にかけて何度か涙が滲んできた作品です。

  • rams

    2013.11.3 12:44

    「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」と鹿に話しかけられた男の苦悩

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    少々退屈気味の前半も中盤に差し掛かると一気にスピード感が増し
    怒涛の終盤になだれ込む、そんな展開が爽快です

    歴史的な背景にしっかりと触れてあったりもするので
    鹿が喋ったりナマズが暴れたりと説得力もなんもない設定の法螺話も
    妙にすっきりと受け入れられて楽しめる話です

  • woody

    2013.9.27 01:35

    ストーリーに惹き付けられる

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    言わずと知れた玉木宏、綾瀬はるか主演のテレビドラマの原作です。テレビドラマも面白かったですが、原作はもっと面白い!
    万城目作品は、読者をぐいぐい引き込む魅力にあふれています。
    明らかに非現実的なストーリーも面白いし、登場人物の心理描写もきめ細かく魅力的です。

  • 鹿男あをによしのレビューをすべて見る

648 円(税込)

優待プログラムの詳細

本コンテンツは、ブラウザでお読みいただけます。(β版サービス提供中)
「試し読み」ボタンをクリックして、お使いのブラウザで正しく表示されることをご確認の上、ご購入ください。

試し読み

本コンテンツは、Internet Explorer バージョン10、11、Google Chromeのブラウザでお読みいただけます。
Internet Explorer 10、11は、Windows 7以上、Google Chromeでのブラウザ閲覧はWindows 7以上、Mac OS 10.8以上でご利用いただけます。

Windows 7以上のOSをお使いで、Internet Explorer 9以下のバージョンをご利用の方は以下よりダウンロードをお願いいたします。

Internet Explorer 最新版のダウンロード

Windows 7以上もしくはMac OS 10.8以上のOSをお使いの方は、Google Chrome最新版をダウンロードすることでブラウザ対応コンテンツをお楽しみいただけます。

Google Chrome 最新版のダウンロード

対応ブラウザについて詳しくはこちら

本コンテンツは、Internet Explorer 10、11、及び、Google Chrome 最新版で、直接お読みいただけます。
新刊通知
シリーズ OFF
万城目学 OFF

このシリーズ / 作者の新刊が配信された際にお知らせします。

新刊通知の管理画面へ

対応デバイス
  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
コンテンツについて

※Reader(PRS-G1/T1/650/350)で読む際に、本体ソフトウェアのアップデートが必要となる場合があります。詳しくはこちら

ランキング もっと見る
2017.4.28
  1. 1 アップ
  2. 2 アップ
  3. 3 アップ
  4. 4 ニュー
  5. 5 アップ
    3冊で30%PT 人類最強のときめき

    人類最強のときめき

    西尾維新 (著), (イラスト)、講談社

    0
アプリダウンロード
  • Google play
  • App Store
特集・キャンペーン
  • 「この本を電子化して欲しい!」などのリクエスト募集中!
  • メルマガ会員登録すると100ポイントプレゼント