書籍説明

唐の時代、役人であった李徴は自分の才能を過信し、詩人としての成功を夢見るも挫折。小役人に落ち着いてしまった彼は、突如発狂し姿を消してしまう。旧友が山を通りかかると、李徴の声が聞こえる。彼は、センシティブゆえの“臆病な自尊心”と“尊大な羞恥心”が自分を虎にしてしまったという。才能がないことに気づくことを恐れ、言い訳していただけだったのだと。
みずからの才能を信じ、他人を下にばかり見ていた結果、李徴は自らの才能を磨くことをしなかった。自分の弱さを見つめることは、誰しも恐いし、情けなくもなってしまう。でも、目の前の壁を超えるには、まず足元を確かめなくてはいけない。

書籍情報
シリーズ :
山月記
著者 :
中島敦 (著)
出版社 :
青空文庫
レーベル :
青空文庫
おすすめ度 :
 0件のレビュー
Reader™ Store発売日 :
2011.1.21
フォーマット :
XMDF
ファイルサイズ :
46KB
シリーズ作品

シリーズ一覧

この本を買った人は、こんな本も買っています